FC2ブログ

スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男は漢とも呼びます!

2010–03–22 (Mon) 00:34
 デュクシ(>∀<)!!


どうも。お久ぶりです。

モンハンと東方の絵描きで頭がいっぱいな迅です。

おかげで、勉強が頭に入りません…←しっかりしろ受験生ww


さて、今回は短編に挑戦です。

正直、ネタが全然思いつかない状態で書いたので
ぐっだぐだですので、ご了承を。



《巫女と魔女とスキマと漢と》(J)

幻想郷には、人間界にある精密な機械や
すごいテクノロジーが詰め込まれたようなものがない。

大げさに言えば、平成と江戸時代ぐらい違う。

そんな幻想郷のとあるところに彼女たちはいた。


れいむ「さっさとくたばりなさいよ!このスキマ妖怪!!」

ゆかり「あら、かまってほしいのかしら?」

まりさ「余所見してたら、やっちまうぜ!?」


博麗神社に住む巫女
博麗霊夢。

森に住むキノコ好きの魔女
霧雨魔理沙。

スキマと呼ばれる不思議な空間を操る(正確には、境界を操るのだが)
八雲紫。

彼女たちは激戦を繰り広げていた。
そう……


こーりん「あまり乱暴に扱わないでくれよ?壊れやすいんだから。
     そのゲーム」


ゲームと呼ばれるもので。

先程、こういったものはないとは言ったが
実を言うと、紫がたまに人間界からいろんなものを持ってきたりするため
最新のとは言えないがちゃっかりあったりする。

そして、彼女たちがいるのは
森近霖之助(通称こーりん)が経営している香霖堂。

で、今は紫が持ってきたゲームをこーりんが能力を使い
どういうものか見極めて、遊んでるわけである。


れいむ「あぁーっ!また負けたーっ!」

ゆかり「霊夢にはまだまだ早かっt―…ちょっと待ちなさい?
    コントローラーとスペルカードを取り出して何する気?」

れいむ「ふふふ…そうだわ…。勝者を現実で滅殺すれば私は勝者に…ふふふ…」

こーりん「頼むから、うちの店を壊さないでくれよ?」

まりさ「こりゃ傑作だぜ!はははっ」

れいむ「魔理沙…あんたも私にとっては勝者…。つまりは…ね?」

まりさ「『ね?』じゃねぇ!冗談じゃないぜ!!」

こーりん「霊夢!暴れないでくれー!うちの店がー!」


逃げる魔理沙と紫。
それを追いかける悪m…霊夢。
それを見て、焦るこーりん。



そんな破茶滅茶なことが起きてる幻想郷…

今日も平和なようです。


<終わり>
スポンサーサイト

« 春休みってなに・・・おいしいの? | HOME |  タイトルなし »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://kouyamu.blog48.fc2.com/tb.php/16-bebf889c

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

LION

Author:LION
ようこそ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。